高39期卒業30周年記念事業報告

高39期卒業30周年記念事業を開催しました

 平成29年2月18日、立川高校多目的ホールにて、平木靖成さんによる講演会「辞書づくりからみた日本語」、岩井英二さんによるコンサート「チューバ・ソロ・リサイタル」を開催しました。 ともに高39期生。

 平木さんは岩波書店辞典部勤務。辞典編集者を描いた三浦しをんさんの小説「舟を編む」に取材協力し、「彼こそ主人公のモデルでは?」と思う友人も多数。

 岩井さんは9年間のドイツでの演奏活動ののち帰国。現在はテューバ奏者、立高吹奏楽部外部講師として活躍。普段あまり聴くことのできないチューバ・ソロは圧巻!伴奏は藝大で活躍中の高68期・山岸恵菜さんでした。

 吉田順一校長先生、渡邊紀征紫芳会理事長、39期の仲間でもある三井慎二郎PTA会長など約150人が来場。「玲瓏の水音楽会」で共演した高40期や、現役の立高吹奏楽部も会場設営などを手伝っていただき、大盛況でした。(高39期・浅村諒)