高37期 「2014年 同期会報告」

高37期 「2014年 同期会報告」

前田憲一(高37)

2014年5月9日、立川グランドホテルにて、卒業30年を記念する第2回高37期同期会が開催されました。午後3時に恩師3名を含む、総勢94名が集まり、3年時クラス毎のテーブルに座ると、すぐさま賑やかになり、話が途切れることがありません。甘利毅さんの司会のもと、伊倉先生による乾杯、柿添先生、石川先生のお話が続き、だんだんと盛り上がっていきます。
在校中に学校行事やクラブ活動で活躍していた面々からのスピーチタイムでヒートアップ。まずは、立高祭チーム団長のカドケンのこと角川研さんが在校中の思い出を話すや否や爆笑が起こります。続いて、キャンバスの紙貼チーフの矢尾板祐美さん、キャンバスチーフの吉野久さんが続き、人気者の三浦良夫さんと神田美栄さん、サッカー小僧の鈴木勉さん、女子応援団長の岡本美千代さん。
またたく間に時間が過ぎ、終盤は校歌、伝統歌、エール。山内正好さんの指揮で校歌を
歌い、私の先導で伝統歌(二高校歌、劫火静かに)、そして杉山義範さんの魂のエール「フレー、フレー立高」で最後を締めました。そして全員の記念撮影、花道で恩師をお送りして
3時間の1次会はあっという間に終わりました。2次会にも60名以上が参加し、3次会へと流れました。立川駅の改札口で解散したのが24時でした。
在校時代に接点がなくても、すぐに意気投合してしまうのが同期のよさです。当時を懐古するだけでなく、新たな関係に発展するところが立高らしく、このつながりが永く続く
予感がしています。残念ながら、恩師の方々はご高齢のため、ご出席の適わない先生もおいでになりました。次回は5年後の再会を目指し、お互いの人生に乾杯したいと思います。
幹事として私を支えて下さった鎌田仁治さん、鎌田剛さん、甘利毅さん。本当に助かりました。「ありがとうございました。」という言葉では足りないぐらい感謝しております。またお会いしましょう。お元気で。〔了〕

高校37期写真