高校二十三期同期会報告

平成三十年十一月三日(土・祝)に立川のパレスホテルにて高校二十三期同期会を開催いたしました。前回までは四年ごとに同期会を行っていましたが、四年に一回ではどうなるかわからないので、二年に一回にしてはどうかという声仕切りのため、今回から二年に一回の開催となりました。同期会の当日は、23期生八十三名と恩師三名の参加となり、総勢八十九名。開会に先立ち、前回出席予定であった吉田道郎先生のご冥福を祈り黙祷を捧げました。乾杯は一番遠い石川県から駆け付けた円満君の乾杯で始まり、歓談を挟んで平田先生、伊倉先生、深澤先生からご挨拶をいただきました。

平田先生からは紛争当時のお話があり、伊倉先生からは近頃の心境に関するお話があり、深澤先生からは紫芳会主催の最後の授業の時のお話などがありました。

その後今回が七回目でしたが、初参加となった四名の方から近況報告などあり、会が盛り上がった後で伝統歌の大合唱。その後記念撮影をして、二年後の再会を約しお開きとなりました。ホテルでの会で語りつくせなかった人たち四十五名はその後二次会へとなだれ込みました。(志村修司)

高校23期同期会