関西紫芳会第42回例会の開催報告

関西紫芳会第42回例会は、6月2日(日)に、今年も藤井武志氏(高24)のお世話で、帝国ホテル大阪で開催されました。
今年は、母校立川高校から吉田順一校長(高29)、紫芳会本部から馬場弘融理事長(高15)と野口明子事務局長(高28)をご来賓としてお招きし、高6から高71まで総勢38名が参加しました。今回は、立川高校から紫芳会本部を通じて、今年4月に関西地区の大学に進学した新入生の名簿をいただいたのでご案内を差し上げたところ、14名中8名の方に参加していただけました。
中川会長(高10)の挨拶に続き、吉田校長からは立川高校の現状について、馬場理事長からは紫芳会の活動について、野口事務局長からは事務局の活動について、それぞれ紹介がありました。
初参加の方の自己紹介に引続き、マスターズ立川(立川高校野球部OB会)の中川聖太氏(高35)から、2012年、2016年に続き、3回目の出場を目指して予選を戦っているとの報告がありました。
また、最年長の井上善夫氏(高6)からは、ご自身の立高時代のエピソードを振り返り、青春時代の貴重な一時を大切にして学生生活を送るよう、特に若い世代の皆さんに向けたスピーチがありました。
関西紫芳会は6月の第1日曜日を定例開催日としていますが、会場の都合により、来年の第43回例会は令和2年5月31日(日)に帝国ホテル大阪で開催します。
例会開催は、現在、過去に出欠のご返事をいただいた方を中心のご案内していますが、関西2府4県にお住いの(かつてお住まいであった、紫芳会への登録住所を変更せずに関西2府4県に単身赴任中の)紫芳会会員の皆様方の参加を歓迎しますので、参加を希望される方は幹事までお問合せいただければ幸いです。
幹事連絡先 : 藤岡諭(高29) satoshif(a)mx5.canvas.ne.jp ※メール送信の際は(a)を@に修正

関西紫芳会