第6回立高天文気象部同窓会報告

                     第6回立高天文気象部同窓会報告

                                               荒井良吉(高26)

 『母校に望遠鏡を送ろう』を合言葉として2004年に初めて開催され、翌年2005年1月に152ミリ屈折望遠鏡の贈呈を実現させた同窓会も、今回で第6回を数えます。また今年は、天文気象部の創部とされる初めての天体観測から75年目にあたります。

 この記念すべき第6回天文気象部同窓会は、台風12号の接近で風雨が強まるなか、同窓生52名が参加者し、2018年(平成30年)7月26日の午後1時から4時まで、立川グランドホテルで開催されました。

 司会者、高25期・宮崎さんの開会宣言の後、物故者への黙祷が行われ、続いて参加者全員での記念撮影(高6期・小川さん、高11期・佐藤さん撮影)、さらに会長の徳田さんから開会挨拶が行われました。徳田会長と高12期・幹事長の内田さんから、天文気象部の創部の日の設定の提案、高16期の笹原さんから会計報告、さらに宮崎さんから新会長を含む新役員候補者の信任を問う提案があり、いずれも満場一致で承認されました。

 この結果、初めての天体観測の日(1943年7月21日)が創部の日となり、新役員が承認されました。主新役員は、以下の通りです。

 

会長       :榊原幸雄(高23)

副会長    :宮崎高一(高25)、新堂泰伸(高25)

相談役    :西部訓弘(高03)、谷津潔(高10)、徳田精久(高10)

事務局長:笹原眞文(高16)

会計       :笹原眞文(高16)、小島雅子(高12)、

幹事長    :荒井良吉(高26)

同補佐 :内田誠(高12)

監事  :浜部勝(高22)、鈴木正平(高24)

 

新会長の榊原さんは挨拶で、高2期~70期まであらゆる年代の同窓生が天文気象を通じて一堂に会しているが、このような先輩方から大学生、さらには現役生までの人のつながりの媒介となる同窓会にしたいとの抱負を述べられました。

次いで高3期の西部さんが、天文気象部と同窓会の益々の発展を祈念して乾杯!…の後、懇親会の場に変わりました。

ここで司会が高25期の新堂さんに代わり、現顧問の可長先生のご挨拶がありました。望遠鏡や気象観測装置についての同窓会の支援に感謝するとともに、天体観望会や「親子で楽しむ天文教室」、研究発表等の活動も評価され、立高が文部科学省からSSH(Super Science High school)に指定され、今後、さらなる科学教育・英語教育が推進されることが紹介されました。また、気象と黒点の研究、新たにスタートした視程の研究について説明があり、8月に神戸で実施される全国SSH高研究発表会に学校の代表として天文気象部員が発表することも紹介されました。

続いて同窓生からの報告に移り、荒井から欠席された元顧問の大金先生からのお便りを紹介し、高16期の笹原さんから、JAXAの「はやぶさ2」のリュウグウ探査プロジェクトの説明、榊原新会長からは、2017年の北米日食観測の報告が行われ、その時撮影した日食写真のパネル2枚が天文気象部に贈呈されました。

午後4時までの同窓会はあっという間に過ぎてしまい、最後に、出席者一同で校歌を斉唱し、3年後の2021年の第7回同窓会での再会を期して散会しました。

      ―――――――――――――――――――――――――――

  なお、立高天文気象部を引き続き応援する支援基金への募金を今回の同窓会でも募集し、多数の参加者から募金を頂きました。支援基金は、贈呈した天体望遠鏡や気象観測装置のメンテナンス費用やパソコン通信費として活用し現役生の活動に寄与しております。同窓会の後も引き続き募金を募集しますので、何卒皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

第6回立高天文気象部全期同窓会2018-7-28 A