日野支部「令和元年・定例懇親会」報告

事務局:得田 保雄(高40) 9月14日(土)12時より、日野市日野本町「H.P.STYLE Kitchen」に於いて、初参加5名を含む計27名により「紫芳会・日野支部定例懇親会」を開催致しました。第1部は、三浦盛好・新支部長(高28)の挨拶を皮切りに、紫芳会・馬場弘融理事長(高15)によるご挨拶並びに紫芳会の活動報告等に続き、紫芳会・野口明子事務局長(高28)のご挨拶がありました。講演では、福原利信・副校長による「立川高校の今」という題目で、日野市にちなんだ内容や今現在の立川高校の現状と取り組みについての説明がありました。他の都立高校にはない斬新な取り組みもあり、その発展・維持の為には今後も紫芳会の支援が必要とのことでした。 第2部では、田中健次郎先輩(中44)による、ご挨拶と乾杯のご発声により、懇親会が始まりました。途中、参加者による自己紹介・近況報告等があり、中でも小関敬之輔先輩(高11)による認知症予防指体操?の実演と実践では、会場は大いに盛り上がりました。さすが立高の大先輩方、まだまだ現役であることが証明されました。 懇親会の締め括りとして、秦泉寺敏正先輩(高4)による閉会挨拶の後、古村聡先輩(高28)の指揮のもと、当時を思い出しながら「玲瓏の水」を斉唱、再び盛り上がりました。最後に参加者で記念撮影を行い、3時間半にわたる懇親会はあっという間に過ぎ去り、来年の再開を約束して散会となりました。 以上、今年度より新支部長・新事務局長による新体制で、令和元年に相応しい素晴らしい会となりました。来年度もより良い会、日野支部を目指していきたいと思います。 追伸:退任された山口龍央・前支部長(高15)より今後の支部運営資金として多額のご厚志を頂戴しました 文中以外の参加者の方々・・(敬称略) 長澤哲夫(高6)・増田文彦(高6)・曾田滿(高7)・今井槇(高7)・桑原強介(高7)・小室一允(高7)・平井孝也(高8)・山口英樹(高9)・佐藤健(高11)・柳生晃(高11)・山口久夫(高11)・鈴木武彦(高12)・増田和紀(高22)・杉江優(高24)・岩崎高也(高32)・齋藤陽子(高38)・濱中直樹(高38)以上 日野紫芳会