令和元年度三鷹支部総会報告

令和元年9月28日(土)に、三鷹市公会堂さんさん館にて、午後1時30分より開催した令和元年度三鷹紫芳会の総会・講演会・懇親会を報告します。参加者は、来賓、講演会講師を含め20名です。今年は加藤本部副理事長、昭島紫芳会から2名、お隣の武蔵野紫芳会から3名の参加をいただいております。

◎     総会は秋田会長(高17)の開会挨拶、加藤信子紫芳会副理事長(高21)の、本部の事業、育英資金の使用状況をまじえた挨拶の後、高見金太郎幹事(高17)の司会により、平成30度事業報告、会計報告が承認されました。

◎     近隣支部紹介では、田島健児昭島紫芳会副会長(高22)、宮地忍武蔵野紫芳会会長(高18)からそれぞれの会の状況が紹介されました。

◎     総会後に恒例の講演会に移り、青木孝紫芳会理事(高16)より、「最近の気象と気象状況」について、強風により千葉県に広範囲・長時間の停電をもたらした15号台風のデータを用いて、強風や豪雨の時間変化等の避難等の事前対応に事項の詳細な解説がなされた。身近な問題でもあり、活発な質疑応答が交わされました。講演後、19号台風、21号台風が関東に襲来しその被害の状況報道に接して、大変参考になった講演でした。

◎     参加者の近況報告終了後の懇親会では、武蔵野紫芳会会長による乾杯のあと、田野倉幸男氏(高4)からの第26回東京校歌祭実施状況と10月27日開催の校歌祭へ参加の呼びかけを交えた立川高校近況報告があり、引き続き講師、本部副理事長を交えた歓談に入り、楽しいひとときを過ごしました。午後4時半過ぎに、大越弘道氏(高12)の電子ピアノの伴奏で「校歌」と伝統歌「劫火静かに(深沢俊宣(高6)作曲)」を斉唱し、で午後4時50分終宴となりました。

文責 久保庄二(高15)

三鷹紫芳会総会