中山晋平音楽祭練習日程など

チラシ表チラシ裏
 

 

 

 

 

 

 

 

チラシのダウンロードはこちらから
チラシ表
チラシ裏

◎本番(4月8日)までの練習スケジュール
★次回からの練習日のお知らせ

①2月10日(土)10時~12時半、国立・AIスタジオ(9時50分頃空き)
②2月17日(土) 10時~12時、立川・カンマザール1F (9時半空き)
③3月3日(土)  14時~16時半、立川・カンマザール4F(13時空き)
④3月21日(水・祝) 10時~12時、立川・カンマザール1F(9時半空き)

★1月に配布した楽譜は「東京行進曲」と「船頭小唄」の2曲。これで全12曲が揃いました。下段でダウンロードできます。
<合唱団の歌う曲目>
東京行進曲/ゴンドラの唄/てるてる坊主/シャボン玉~あの町この町/蛙の夜まはり/雨降りお月/証城寺の狸囃子/須坂小唄/船頭小唄/校歌・玲瓏の水/東京音頭

☆追加練習等(重要)
○2月26日(月)午後(13時〜)、詳細時間等未定、本番会場・どりーむホールで、舞台稽古をします。平日ですが、合唱団以外のキャスト(ソロ、芸妓、民謡、MC、舞台映像チェック)も見え、舞台監督、演出等のプロスタッフのもとでの「場当たり」予定です。出来るだけ多くの方の参加を求めます。本舞台練習は本番当日以外はこの日だけ。

○4月1日(土)午後、どりーむホール第3練習室で「玲瓏の水合唱団」の最終練習。

◎公演チケット販売中です!
・以下でお求めください
☆府中の森芸術劇場チケットセンター=直接、劇場の窓口での販売のみ。予約はできません。(電話042−360−4044)
☆実行委員会の販売窓口=予約できます。チケットは郵送でお届けします。(電話042—313—8235)

★☆この『中山晋平音楽祭』は、大正から昭和の時代に日本独自の民衆音楽(歌曲・童謡・新民謡)を広めた作曲家・中山晋平さんが、大正12年に東京府立二中で音楽教師をつとめられていた縁を大切にしたいという同窓の集まりです。中山晋平さんの音楽世界を私たち二中〜立高の共有の文化資産として継承し、みんなで歌おうという趣旨。本年(2018)の4月8日に、「府中の森芸術劇場どりーむホール」での公演を予定しています。中学45期から高校68期の同窓生が参加しています。

■入会・問い合わせなど

村本卓生(高18):メルアド m.takuo63@gmail.com

岩野浩二郎(高16): k-iwano@pop16.odn.ne.jp

「中山晋平音楽祭」実行委員会

◎楽譜ダウンロード

(次のタイトルをクリックすると楽譜のダウンロードができます)

「ゴンドラの唄」(作詞:吉井勇 作曲:中山晋平 編曲:神坂真理子)

「東京行進曲」(作詞:西条八十 作曲:中山晋平 編曲:神坂真理子)

「船頭小唄」(作詞:野口雨情 作曲:中山晋平 編曲:神坂真理子)

* 「須坂小唄」(作詞:野口雨情 作曲:中山晋平 編曲:神坂真理子)

*  「雨降りお月」(作詞:野口雨情 作曲:中山晋平 編曲:神坂真理子)

*  「蛙の夜まはり」(作詞:野口雨情 作曲:中山晋平 編曲:神坂真理子)

「証城寺の狸囃子」(作詞:野口雨情 作曲:中山晋平 編曲:神坂真理子)

「てるてる坊主」(作詞:浅原鏡村 作曲:中山晋平 編曲:神坂真理子)

「しゃぼん玉~あの町この町」(作詞:野口雨情 作曲:中山晋平 編曲:神坂真理子)

「東京音頭」(作詞:西条八十 作曲:中山晋平 編曲:神坂真理子)

「玲瓏の水校歌(都立立川高校校歌)」(作詞:前田恒樹 作曲:南能衛 編曲:神坂真理子)