平成30年度事業活動計画

平成30年度 事業活動計画 (平成30年5月26日社員総会承認)

平成30年度 紫芳会重点方針
社会全体の変化や会員・母校の変化を踏まえて、紫芳会のあり方
(存在意義、活動計画等)を再考し、再構築を図る初年度とする。
1 ・従来の規定、活動計画などを洗い直し、再構築する。
       ・清明寮活動、その他既存の活動
       ・諸規定、組織、人事・・・
2 ・「育英制度」の基盤強化を図る。
       ・あらゆる機会、メディアを使いPR
       ・募金活動の一層の強化
3 ・事業収支の改善に努める。
      ・計画の見直し、経費の削減
      ・収入拡大のための施策の動員

法務
(1)紫芳育英制度の運営に伴う、各規則等の修正及び整備
(2)会運営に係る各種規定の見直しを含めた点検整備
(3)その他、会運営に伴うリーガルチェック等

総務財務
(1)平成30年度事業計画推進および予算管
(2)平成31年度事業計画および予算の策定(総括)
(3)平成30年度社員総会の準備と運営
(4)預貯金・現金の残高およびキャッシュフローベースの状況把握
(5)会費および各種寄付金の増加への対策のため納入ルートの拡充などの検討

広報
(1)出版事業
①「紫芳会ニュース14号」の発行(5月予定)
②『紫芳』57号の発行(12月中旬)、送付
(2)ホームページ運用の管理、充実化
(3)紫芳会行事の広報(支援)活動及び東京校歌祭への協力・参加支援

組織
(1)同期会、支部支援、会員へのサービス
①高70期同期会の立ち上げ支援
②支部への支援(中国支部(仮)設立検討、支部長会開催、各支部総会への出席)
(2)平成30年度会員大会の実施
予定2018.6.24(日)
(3)他校同窓会との情報交換
同窓会連絡協議会への参加(30校程度)
(4)部活OB、OG会の情報交換会の試行
(5)非会員の組織化検討

文化
(1)女性セミナー・キャリアアップセミナーの開催
(2)恩師の講義
(3)立高祭への参加
(4)立高グッズの検討
(5)卒業生企画の後援(校歌祭・玲瓏の水合唱祭企画)

母校支援
(1)「紫芳育英制度」事業安定継続のための財政基盤等の一層の整備
(2)「総合的な学習の時間」の今日的要請に応えた会員講師派遣の継続
(3)「立高時代塾」の呼称、内容につき学校と協議、再構築
(4)「輝く先輩たち」シリーズの発行継続
(5)正門周辺プランター生花の提供等学校環境整備への協力
(6)卒業証書ホルダー、書籍、文具等の寄贈
(7)生徒会等校内活動貢献者への「紫芳会賞」の贈呈

校外施設
(1)学校、紫芳会、スタッフの打ち合わせを行いそれぞれの立場の明確化を計る
(2)紫芳荘利用マニアルを活用し、利用の活性化を計る
(3)ホームページその他の機会を活用し、施設の利用頻度の向上を計る
(4)諸設備の点検を十分行い不測事態の発生を防ぐ
(5)今後必要とされる設備などの計画を検討する